トップチーム活動停止 及び 第9節中止のお知らせ

いつもディアヴォロッソ広島のご声援ありがとうございます。

5月16日(月)にディアヴォロッソ広島の選手1名が発熱し、医療機関にて新型コロナウイルス感染症 陽性診断を受けましたので、以下の通りお知らせいたします。

■当該者
・トップチーム選手1名

■経過内容
5月16日(月) ・体調不良を訴えた選手1名の抗原検査から陽性反応が検出されました。
       ・医療機関にてPCR検査を実施した結果、「陽性」と診断されました。

上記の検査結果を受け、5月16日(月)に選手全員がPCR検査を行った結果、5月17日(火)にディアヴォロッソ広島の選手9名が、新型コロナウイルス感染症の陽性診断を受けましたのでお知らせいたします。
現在は適切な対策のもとで療養しております。

5月26日(木)まで、チーム活動は自粛させていただきます。
クラブではこれまで取り組んできた新型コロナウイルス感染症対策を継続して実施し、選手、スタッフ、関係者全員に感染症防止策の周知、徹底を図ってまいります。


また、なでしこリーグとも協議のうえ、停止期間中にあたる2022プレナスなでしこリーグ2部第9節「静岡SSUボニータvsディアヴォロッソ広島」の試合は中止となりました。
延期の日程等詳細については、追って公式サイトでお知らせいたします。

この度の陽性判定者の増加に関連して、ファン、サポーター、パートナー企業、何より選手の雇用先企業のみなさまに多大なご心配とご迷惑をおかけし、誠に申し訳ありません。
また第9節の対戦相手である静岡SSUボニータの関係者の皆さまにも心よりお詫びを申し上げます。
ディアヴォロッソ広島では、引き続き感染拡大防止対策を徹底し、対応を進めていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。